スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院で



24日はタンヤラック病院で

患者が患者にヨーガ療法を指導する現場を視察しました。

しっかり伝えています。

病院で



11月23日はワリンチャムラープ病院で医療関係者と

ヨーガ療法について交流しました。

タイで記念樹



この交流に際して

木村先生と校長先生で記念樹を植えました。

タイ ヨーガ療法支援&ボランティア



11月21日からタイでヨーガ療法支援&ボランティアに参加してきました。

年間2万円で中・高校生1人の学費・通学費等を支援できます。

クカン校には14人の奨学生・里子支援をしています。

そこで、立派な式典を行ってくれました。

自然の移ろいの中で





先日、秩父の秋のミューズパークに行ってきた。
イチョウ並木が3キロ続き、黄色のジュータンは圧巻。
「10月桜」もきれい。
でも、不思議ですよね。緑だったイチョウの葉が黄色に色づき、やがて散っていく。
実が落ちて、来春には小さな幼木が誕生する。
毎年、続くドラマはイチョウだけでなく、桜や草花も・・・
毎日、動物や植物が変化していく。
瞬間瞬間に風や雨、太陽などすべてのものが変化していく。
人間さえも・・・
すべてのものが、大きな宇宙の生命の源の中にいる。

137億年前といわれる宇宙の誕生
46億年前と言われる地球の誕生
800~500万年前と言われる人類の誕生
地球誕生から今までを1年とすると人生80年は1秒にも満たない
地球はどのようにして生まれたのか
人類はどうして誕生してきたか
偶然では、このようにうまくいかない。
では、大いなる自然の源、その創造主は・・・

禅寺の枯山水の庭には、製作者の意図が反映されているという。
人間が作った自動車も作成者の意図が反映されている。
でも庭や自動車は作成者自身ではない。
人間は大いなる生命の源そのものではないが
大いなる生命の源の意図が反映されている。
それは、仏教でいう仏性であり、ヨーガでいうアートマンであろう。
人間は仏性・アートマンをもっている。そこにも大いなる生命の源がある。
無駄なものをそぎ落とし、不要な欲望を手放していけば
内なる仏性やアートマンに会える気がする。

夢分析

 最近、どんな夢を見ましたか?
睡眠中の夢は潜在意識が現れると言います。
  私は以前、体育館や施設に行ったときトイレがないので見つけるために走っている夢を見ました。眼を覚ますとトイレに走って行きました。夢は膀胱がいっぱいだったことが原因でした。運よく、夢の中でトイレがあったら布団は水びたしになるところでした。
 ある人は空を飛んでいる夢をよく見ると言います。そして、学校の上を旋回しているとか。その人は体が弱く、学校に行きたくても行けなかったので、「学校に行きたい」意識があったのですね。元気になったら、その夢は見なくなったようです。
 夢では本音が現れることがあります。こだわりを強く持っていると、現実とこだわりの間で悩むことも。こだわり優先の夢を見るかもしれません。
 自分は【こだわり】を持っているか? その【こだわり】は何か? 夢を見た時分析してみましょう。食べ物のこだわり程度ならいいのですが、人生のこだわりは生き方を狭くします。

「林住期」を生きる

 インドには、人生を4つに区切るライフスタイルがある。第1の「学生期」は様々なことを勉強する時期。第2の「家住期」は仕事をし、結婚し、子供を育てるなど社会的な生活をする時期。第三の「林住期」は経済と家庭の安定を得た後、林に住みやりたいことをする時期。今では、退職後自分の経験を生かして社会貢献や今までできなかった好きなこと、心の安定のための行などをする時期。最後の「遊行期」は、家や家庭から離れ宗教的生活をする時期。昔のインドでは本当に裸で家を出た人もいたらしい。
 面白いのは第3の「林住期」。あれが欲しい、これが欲しい、おいしいものが食べたいという欲望は限りがない。しかし、物や金から離れ、生きていけるだけの生活をしていけたらいい。そして、家住期で得た技術や経験を活かし社会に恩返しする社会貢献や心と魂の平安のための瞑想・行をする生き方もある。聖と俗の世界に生きる時期と思う。
 実はいまの私がこの「林住期」。家族にいろいろ言われながら、今まで身につけたヨーガ療法で東日本大震災から避難して人々の心のケアしてきた。さらにネパールやタイでヨーガ療法によるささやかな支援をしている。もちろん、地域の人々にヨーガ療法の指導も続けている。そして、ヨーガ療法と共に学んできた伝統ヨーガの実践を続ける毎日を過ごしている。

11月22日はお休み


11月22日の寺ヨーガはお休みです。

タイにボランティアに行ってきます。

笑いヨガをグレードアップ



先日、笑いヨガのグレードアップ講座に出席してきました。

新しい情報を仕入れてきました。順次、紹介します。

さらに、質問コーナーで寺ヨガの話をしました。

寺 + ヨーガ療法 + 笑いヨガ を実施すると間口を広げるのではなく、

3つに興味がある人しか来ないので、逆に狭めてるとのこと。


そこで、それぞれが補いあって魅力的な最高の居場所にしようと考えました。

お寺は緑があって静かです。宗派に関係なく、集まれます。

ヨーガ療法は、筋トレ・脳トレ・心のケアのアイソメトリック運動です。呼吸法や瞑想も実施し、自分を見つめられます。

笑いヨガは、心肺機能を強化するアイソトニック中心で体力アップです。免疫力アップやストレス解消になります。

遠くても、毎回行きたいと思える場所になるように。

9月7日

9月7日は臨時のヨーガDAYです。

地元の中学生が職業体験に高応寺に来ます。

もちろん住職の仕事の体験です。

+アルファとして「笑いヨガとヨーガ療法」の体験も。

昨年も実施し、中学生に好評で、学校の報告会で発表したようです。

当日は、試験前の心の落ちつかせ方などメンタルも教えるつもりです。

一般の人も、いつものように自由に参加できます。
プロフィール

さくらさく2010

Author:さくらさく2010
名前  平塚 次男
性別  男性
住所  群馬県太田市

    日本ヨーガ療法学会     
    認定ヨーガ療法士
    ☎090-9152-3515




場所  三郷市早稲田・高應寺「笑いヨガ&ヨーガ療法」

日時  原則第1・第3火曜日       
10月10日 10:00~11:30      
10月24日  10:00~11:30
11月14日 10:00~11:30      
11月28日 タイでボランティアのためお休みです
       
 1回1000円
 




プライベートレッスン
ヨーガ療法 90分1万円 



 


 
  

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。