スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊び心を持って生きよう

早稲田公園

近くの文化会館の喫茶店は

NPO法人「青いそら」の運営。

そこから、緑豊かな早稲田公園を見ながら

本を読みながら

コーヒーを飲む。



本の名は『遊び心』(大前研一著)

プライベートな生活を充実させよう、

余裕を持って、自分らしく生きようという本だ。



図書館から借りてきた本を読みながら

コーヒーを飲む時間は

まさに「遊び心」的時間だ。

疲れたら

椅子に座って出来るリラックス・ヨーガをやってみる。

幸せの時間を楽しむ。



写真は、喫茶店からみえる早稲田公園。
スポンサーサイト

ミュージカル『春のめざめ』の感激

きのう、夫婦で劇団四季の『春のめざめ』を見てきました。

すごく、感動しました。

前から3列目なので、細かな表情も分かり、

大迫力です。

大感激でした。


ストリーは
19世紀末、ドイツ。思春期の少年少女の話。
若者は性について知りたい年頃。
でも、母親ははくらかし、
学校は自分で考えることことを許さず、押し付けるつけるだけ。
少年メルヒオールは、先生に反発する。
彼は、ベンドラに惹かれ、肌を重ねる。
友のモリッツは、毎夜「悪夢」に悩まされるれ、
勉強に集中できず、
教師たちの陰謀で学校を追われる。
父親からも見放され、ピルトルを手にする。
さらに、物語は展開する・・・。


ストリー的に

若者の叫びが伝わってくる。

40年前を思い出して自分はどうだったか? 

共感するところも多い。


ミュージカルの歌が

すばらしい。

始まりの力強さ。

歌う時の迫力感。

喉の動きが伝わってくる臨場感。

もちろん、動きもすばらしい。


観客が生徒となり

舞台のうえで鑑賞できる席もある、

観客参加型(15人程度)。

隣に役者が座り、歌いだしたら

どんな感動が待っているだろう?


役者は20歳代前半

その心の表現

その力強い動き

自分に欠けているだけに

インパクトが大きかった。


休憩時に

思わず

「四季の会」に入会してしまった。

年に2回は劇団四季の

ミュージカルを見るぞ。

ヨーガで幸せ


最近、大前研一氏の本をよく読む。


彼の著書『遊ぶ奴ほどよくデキる!』の

8章で「老後は今から備えよ」に

一生つきあえる趣味を選ぶ‘3つの鉄則‘があった。

それは

鉄則① 40歳を過ぎたら、定年後に続けられる趣味をもとう。

鉄則② さまざまな年代の仲間と一緒に楽しもう。

鉄則③ 発表の機会のある趣味を選ぼう。


趣味を「生きがい」に読み変えたら

「ヨーガ・セラピー」はまさにピッタリ。

③の発表はヨーガ療法学会のポスター発表ですが。

さらに、ヨーガ・セラピーなら

④ 社会貢献できる。

⑤ 収入が得られる。

⑥ 自己成長ができる。

⑦ 自分が健康になれる。

⑧ 教えた人に感謝される。・・・

よいことがいっぱいある。

そして、

幸せになれる。

もちろん、ヨーガ・セラピーは何歳からでも全力投球できますね。



ボールペンの効果

23日のアグニホトラで

家族と友のコミュニケーションをよくすることを

請願しましたが、


チベットの寺に行った時、

ボールペンが

器や柱に山盛りになっていたので

ガイドに理由を聞くと

「ここにボールペンを奉納すると

文章力がアップすると信じられています。

しいては、学校の合格祈願になっています」とのこと。


私もボールペンを置こうかなと言ったら

隣にいた某女史が

笑いながら「絶対、絶対おいたほうがいい」と。

そこで、しっかり置いてきました。


帰国後

チベットの紀行文を書いたり

団体から「カイラスとヨーガとインド人」の原稿を依頼されたり、

このブログを書くようになったりと

書くことが多くなりました。


あのお寺のお力か。



それなら、今回の

コミュニケーション力アップの請願では

講演会の依頼が・・・


取らぬ狸の胸算用でなく

とらぬヨーガの・・・か(失礼)


アグニホトラ(護摩供養)

アグニホトラ

写真はチベットでのアグニホトラ


今日、町田のヨーガ・ニケタンで行われた

グル・プージャ(聖師際)に参加してきました。


これは、偉大なる聖師に感謝する会です。

私たちがヨーガの智慧を知ることができるのも

歴代の聖師様がいたからです。


具体的には、アグニホトラ(護摩供養)を行います。

これは、自らの誓いをする場でもあります。

家族に対して誓い

友に対して誓い

そして、自分の無知を燃やす護摩供養


過去1年間を省みて、到達点を確認し

感謝し、

今後1年間、誓いをし、

平和で幸せであり、喜びと力に満ちて

完全な成長を祈ります。


先祖に感謝し、平和と幸せを願うことは

お盆や彼岸など日本でも日常的に行われていますね。



日々の生活で忘れがちな

智慧や聖師・先祖等に感謝し、

自分の心の成長の糧として捉えれば

心洗われる行事です。

三郷花火③

三郷花火3

8月22日の三郷の花火です。
デジカメで撮ったのですが、ちょーと変かな。

三郷の花火①

三郷花火

8月22日は、江戸川で三郷花火がありました。
近くで見ると迫力あります。

カイラス3日目

再び雪

カイタス巡拝の3日目
きのうの昼は、相当暑かったのに
今朝は、ごらんのように雪
チベットの1日には、日本の四季があるようですね。
今日の昼も、30度を越すでしょう。

ドグマ・ラ峠の下山もたいへん 3

ドグマ・ラ 下山②

チベットのカイラス山

最高峰のドクマ・ラ峠(5655メートル)をあとに

岩面を下り、雪面を下りる。

急な斜面を降りるには自分の足だけが頼り。



実は、馬と馬方が待っているところに行き、

1人でも馬に乗ると

ほかの人が着いてなくても

さっさと出かけてしまうという。



だから、平地に下りて、馬に乗ってと言わせても、

全員が揃わないと馬に乗ってはいけないと念を押されていた。

山を下り、平地になったらすぐに茶屋に入る約束。

茶屋といっても大きなテントでバター茶があるだけ。

実際は、茶屋に着くと疲れて動けない。

充実感に包まれて横になるだけ。



実は、馬のいるところまで、まだ1キロ以上歩くのだが・・・。





ヴェーダンタ勉強会のお誘い

きょうは、友達が主催するヴェーダンタ勉強会を紹介します。



悲しみには、原因があるのでしょうか?

幸せにも原因があるのでしょうか?

もし悲しみの原因があるのなら、それは完全に取り払わなければなりません。

そして、もし、幸せにも原因があるのなら徹底的に追求しなくてはならないでしょう。

なぜならば私たちは、誰しも悲しみから解放されたいと思い、

決して終わることのない幸せを手に入れたいと願っているからです。

インドには、そんな私たちの願いをかなえてくれる叡智があります。

インドの叡智ヴェーダンタの教えに触れることで、

毎日の暮らしをさらに価値のあるものに変えてみませんか。

① とき 8月29日(土)13:30~16:00
  ところ 「緑の風」JR武蔵野線 新三郷駅徒歩5分
  内容 ・人生の目標そして幸せとは ・神様とはどんな存在
  費用 2000円(お茶つき)

② とき 8月29日(土)18:00~21:00
  ところ 「緑の風」JR武蔵野線 新三郷駅徒歩5分
  内容 ・マントラとは何は? ヴェーダ聖典の世界
  費用 2500円(食事つき)

③ とき 8月30日(日) 10:00~15:30
  ところ 瑞沼市民センター JR武蔵野線 新三郷駅徒歩10分
  内容 ・タットワボーダ ・サンスクリット ・マントラ詠唱
  費用  4500円(昼食・お茶つき)

講師 村井氏(インド在住10年)

問い合わせ・申し込み 吉沢 048-957-7390




私も前回(初回)7月の勉強会に参加しました。 

すごく分かりやすいです。

たとえば、幸せの条件を聞きながら、

ヴェーダ聖典が示している考えを提示してくれます。

それを基にじっくり考えてみる価値があります。

参加してみませんか。

わたしも1部だけですが、参加します。
プロフィール

さくらさく2010

Author:さくらさく2010
名前  平塚 次男
性別  男性
住所  群馬県太田市

    日本ヨーガ療法学会     
    認定ヨーガ療法士
    ☎090-9152-3515




場所  三郷市早稲田・高應寺「笑いヨガ&ヨーガ療法」

日時  原則第1・第3火曜日       
7月11日 10:00~11:30      
7月25日  10:00~11:30
8月 8日 10:00~11:30      
8月22日  10:00~11:30
       
 1回1000円
 




プライベートレッスン
ヨーガ療法 90分1万円 



 


 
  

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。