映画




昨日16日、映画を見てきました。

午前は「利休にたずねよ」

海老蔵の演技は、みごとですね。

権力・金が中心の現在にあって、美が中心の生活もいいものですね。

美と知足、お金は最小限あればいい。世界戦略として有効かも。

美が権力や金と結びつかなければですが・・・



午後は「ルパン三世VS名探偵コナン」

痛快なアニメですね。

実写でないぶん、安心してみられますね。

ルパン・コナンの映画、実は毎回見ています。
スポンサーサイト

映画「少年H」を見てきました



先日、水谷豊主演で、戦前・戦中を生きた人の映画です。

当時としては珍しい“自立”した人を描いています。

外国からハガキがきただけで、スパイ容疑で捕まる状況で、

自立した生き方が如何に難しいか。

「現在、情報過多(情報発信も含む)のなかで

自立した生き方をどう確立するか」の宿題を課せられた

素晴らしい映画です。

映画「東京家族」をみて

きのう、山田洋次監督の映画「東京家族」を見てきました。

派手なアクションはありませんが、

じっくり見せてくれます。

「家族とはなにか?」など考えさせてくれる映画です。

自分の生活を見直すきっかけにもなりますね。

映画「のぼうの城」





行田の忍城をモデルにして史実に沿った映画「のぼうの城」を見てきました。
私の出身は行田市。昔から忍城の水攻めの話は聞いていました。しかし、あの石田三成と戦っていたとは、驚き。関東各地の城が落ちるなか、関白軍20000対忍城500(農民を含めると3000)なので、アイデアの勝利だ。
館林や本庄の城や長野、佐間そして丸墓山など知っている地名が続々出てくるとなぜか嬉しい。姉が長野に住んでいる・・・。
行田に行ったら石田堤や高源寺などに行ってみたい。楽しみ。
機会があったらこの映画を見てください。

映画「1枚のハガキ」を見て



映画「1枚のハガキ」を見てきました。
この映画は、戦争を乗り越えて皆のぶんまで生きていこういう内容。
戦中・戦後の悲惨さが伝わってきます。
また、なぜ抵抗しなかったのかと思う。何かいえば”非国民”として
個人だけでなく、家族・親戚まで攻撃されることは予想できるが。

これは、現在でも言えると思う。
外交や金融でアメリカの言いなりになる日本、
黙ってみている国民。
目を覚まし、自立した人生をおくりたいと強く思った映画でした。
プロフィール

Author:さくらさく2010
名前  平塚 次男
性別  男性
住所  群馬県太田市

    日本ヨーガ療法学会     
    認定ヨーガ療法士
    ☎090-9152-3515




場所  三郷市早稲田・高應寺「笑いヨガ&ヨーガ療法」

日時  原則第1・第3火曜日       
2月14日 10:00~11:30      
2月28日  10:00~11:30
3月14日 10:00~11:30      
3月28日  10:00~11:30        
 1回1000円





プライベートレッスン
ヨーガ療法 90分1万円 



 


 
  

 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード